ルワンダ シンビ・ウォッシングステーション ハニー

¥1,500
| /

内容量

200g

生産地情報

国:ルワンダ

標高:1763m

エリア:南部州フエ、シンビ地区

品種:ブルボン

農園名:シンビ・コーヒーウォッシングステーション

生産処理:ハニープロセス

生産者:アブドゥル・ルダフングワ

ルワンダのハニープロセス、円熟味のあるフルーティなコーヒー

 今回のハニープロセスでは、ウォシュドには無かった熟度感や甘さなどが濃厚になり、ミカンやアプリコットのような円熟味のあるフルーティさに仕上がっています。また、こうした新しい生産処理の中でも、クリーンで風味特性が明瞭に感じられる点もルワンダのシンビ地区の魅力に感じます。
 シンプルに素材の良さを感じて頂けるロットになっているかと思いますので、幅広くお勧めできる銘柄です。

カッピングプロファイル

タンジェリン(デコポンや温州ミカンに近い)、フローラル、ダージリンティー、ジューシー、シロッピーマウスフィール、ロングアフターテイスト、ウェルバランス

焙煎度

中煎り

テイスト

酸 〇 ○ ● 〇 〇 コク・ボディ

世界中に最高品質のコーヒーを

ルワンダ南部の名産地から

 シンビ・コーヒーウォッシングステーションは、ルワンダ南部州にあるフエ(Huye)市のシンビ地区に位置するウォッシングステーションです。このフエという行政区は、ルワンダ第二の都市で学術都市と言われるブタレを中心に、コーヒー生産が盛んなマラバ地区などを包括しています。シンビ・コーヒーウォッシングステーションは、ウォッシングステーションの位置するシンビ地区を中心に、隣接するマラバ地区・ソヴ地区に暮らす約250の小規模生産者(6割が女性生産者)からなるインベレヘサ農協からチェリーを集めています。

生産者目線のウォッシングステーション

 ステーションの運営が本格的に始まったのは2013年。現在のオーナーのアブドゥル・ルダフングワ氏は、それまでコーヒー生産者と実業家の二足のわらじを履いていました。当時、COEの開催などを契機に、ルワンダ産コーヒーの品質が世界中に認知され、政府の支援プログラムの下で増産のプロジェクトが動いていました。そうした時勢の中、コーヒーを処理するウォッシングステーションが必要になる事から、アブドゥル氏は、マラバ周辺エリアのコーヒーの特性や品質を活かすことができ、わざわざ農園から遠く離れた場所にチェリーを運ばずに済むように、2011年からシンビ・ウォッシングステーション設立に動き出します。

最高のフリーウォッシュドコーヒーを

 シンビコーヒーで生産処理がされるコーヒーは、世界中に最高品質のフリーウォッシュドコーヒーをもたらす事を掲げ、Cup of Excellenceにおいても輝かしい成績を毎年のように残してきました。収穫地から近い立地の優位性と共に、マラバを中心に標高1760m前後の生産環境のコンディションが近しい周辺エリアから収穫する事で、風味特性がはっきりとした、より高品質で鮮度の良いスペシャルティコーヒーを生産できることが彼らの強みでもあります。
 現在では、ルワンダコーヒーの可能性と多様性を深めるべくフリーウォッシュド以外のハニープロセスやナチュラルプロセスにも挑戦を始めています。こうした新しいプロセスの中においても、収穫されたチェリーの品質を最大限に活かしきれるように、ウォッシュドで培ってきた選別や乾燥などの品質基準に従い管理にあたる事で、生産処理ごとの魅力が明瞭にわかるクリーンで素晴らしい風味特性を持つコーヒーに仕上げられています。