コスタリカ ドン・マヨ ロス・トゥカネス ブルボン RH

¥1,500
| /

内容量

200g

生産地情報

国:コスタリカ

標高:1850m

エリア:タラス県サンフランシスコ、レオンコルテス

品種:ブルボン

農園名:ドン・マヨ ミル/ロス・トゥカネス農園

生産処理:レッドハニー(スロードライ)

生産者:ヘクトル・ボニージャ・ソリス

熟度が高く熟れた果実(アプリコットやレーズン)のような風味

 熟度が高く熟れた果実(アプリコットやレーズン)のような風味が感じられます。例年に比べると、収穫・乾燥時の日射・気温が高かった事で、レッドハニーのミューシレージのファーメンテーションがやや進んでいることが発酵感が少し加わったロットのように思います。その分、マウスフィールのスムーズで立体的な印象はとても良く、テイストの強さ、アフターテイストの長さなどもしっかりとしているかと思います。一方で、複雑さや重厚さが出た事で、酸が相対的に重く出ているようにも感じます。

カッピングプロファイル

レーズン、アプリコット、ネクタリン、フローラル、アーモンド、スウィート、スムースマウスフィール、ロングアフターテイスト

焙煎度

浅中煎り

テイスト

酸 〇 〇 〇 ● 〇 コク・ボディ

ドン・マヨの環境だからできる複雑な風味

コーヒー生産への深い愛情

ドン・マヨ マイクロミルを設立したヘクトル・ボニージャ氏は、2000年代初頭のマイクロミル革命の火付け役の1人です。ヘクトル氏は、『私は生まれたときからコーヒー生産者ですよ。』と朗らかに語る通り、常に最高品質のコーヒーを求め、研究・勉強を重ね、コーヒー生産に投資を続け、新しい農地や品種の開拓を行ってきました。

Cup of Excellenceにおいても、2008年3位、翌年2009年は優勝を果たし、タラスという生産地の名を広げた功労者でもあります。それ以降も毎年のようにCOE入賞を果たしており、決して驕ることなく絶えず努力を続ける生真面目さを物語っています。こうしたボニージャ・ファミリーのコーヒー生産における献身的な姿は、地域の生産者の目標となっています。

ドン・マヨは、現在までに約10の新しい農園を興してきました。このほとんどは牧草地などの土地で、元々はコーヒー農園ではありませんでした。彼らは、こうした土地を一から開拓し、植樹間隔や品種選定、施肥、収穫時のオペレーションなど綿密なまでに計算して、1本1本の苗から農園を開拓してきました。こうしたボニージャ・ファミリーの献身的な姿勢は、農園の端々まで1年間を通して十分なケアとクオリティコントロールを実現し、素晴らしい品質を毎年生み出す基盤となっています。

ロス・トゥカネス農園に投影された“ドン・マヨらしさ”

ロス・トゥカネス農園もそうした農園の1つで、山風の吹き下ろす崖の急こう配に面してビジャサルチ、カツアイ、ブルボンが植えられています。ロス・トゥカネスのブルボンは、雨季乾季がハッキリと分れるマイクロクライメットの恩恵を受け、非常に糖を多く溜め込んでおり、透明感と甘さが際立っています。その一方でシンプルさゆえに、より複雑な甘さと風味がこのコーヒーの課題の1つでもありました。

この課題を克服したのは、ドン・マヨの冷涼な土地環境だからこそ行う事ができるレッドハニーでのスロードライでした。通常レッドハニーは、そのミューシレージの残存量から、発酵リスクやそれに伴うクリーンカップの低減リスクがあり、スロードライに向いていません。しかし、ドン・マヨの乾燥場では、朝晩は5℃まで冷え込むために、ミューシレージの分解がされず、発酵のリスクを避ける事ができたのです。2014年から取り組んできたこのスロードライの実現は、より複雑な風味をもたらしました。また一方で2日間撹拌をせずに放置する事も可能にし、ミューシレージ成分による恩恵を十分に得るため、より多層的な甘さの表現が可能となったと言います。1か月弱にも及んで乾燥の全工程が終え仕上げられたブルボン レッドハニーは、ジューシーな甘さと透明感に、華やかで円熟したフレーバーを兼ね備えた芸術的な風味となります。

努力を惜しまず献身的にコーヒー生産に従事する。この当たり前のようで、誰もが真似できない事こそ、ドン・マヨの“らしさ”であり、多くの手間暇のかかったこのコーヒーはEmblematic Coffeeとして、まさにドン・マヨを象徴するコーヒーに仕上がっています。