インドネシア マンデリン ポルン アルフィナー

¥1,500
| /

内容量

200g

生産地情報

国:インドネシア

標高:1400-1500m

エリア:北スマトラ州リントン、ドロッサングルー、ポルン地区

品種:アテン,ティムティム

農園名:約250人からなる小農家

生産処理:スマトラ式

生産者:アルフィナー ・ルンバンガオル(代表)

厚みのあるマウスフィールと立体感

 コーヒー豆仕入れ商社インドネシア担当者が現地に赴き、多くのミルを訪問した中で出会ったのがアルフィナー氏でした。ブルーバダックに替わる安定したクオリティとインドネシアらしいアーシーなフレーバーを兼ね備えながら、各農家と共に成長する姿勢が非常に強く感じたと言います。カップクオリティも申し分なく、元来のマンデリンコーヒーに求めるアーシーさに加えて、厚みがありヘタらないマウスフィール、甘さの質感が申し分なく楽しめると思います。重厚で独特のエキゾチックさもあり、非常に立体的な風味だと感じました。とろっとした心地よい舌触りと明瞭な風味・キャラクターが特徴的な銘柄だと感じます。フレーバーは、オレンジや黄桃、パパイヤなどフルーティな印象とチョコレートのような甘いアロマがあり、複雑さと奥行き感を感じる事ができました。明るくオレンジのような酸の質も心地よく、アフターテイストにおいても持続しながら甘さの感覚で終え、バランスの良さを十分に感じられました。
イキイキとして明るい風味特性、フルーティさ、透明感などを求められる際には、ぜひお勧めしたい銘柄です。

カッピングプロファイル

アーシー、アプリコット、アメリカンチェリー、ライム、ビターキャラメル、バタリーマウスフィール、ロングスウィート

焙煎度

深煎り

テイスト

酸 〇 〇 〇 〇 ● コク・ボディ