エチオピア イルガチェフェ G/1 コンガ農協 ウォッシュド

¥1,400
| /

内容量

200g

生産地情報

国:エチオピア

標高:~2500m

エリア:イルガチェフェ

品種:原生品種

農園名:コンガ農協

生産処理:ウォッシュド

生産者:Y.C.F.C.U. (Yirgacheffe Coffee Farmers Coop.Union)

フローラルでフルーティなカップ

 フローラルでピーチのようなアロマもあり、ウォッシュドのイルガチェッフェに求める風味特性がはっきりと出ているように思います。酸の質感も甘さの伴った明るくオレンジのようなアシディティがあり、ハチミツを思わせる甘さや華やかなアロマの持続する後味など、総合的に優れた風味特性に仕上がっているように思います。

 レモンやオレンジなどシトラスフルなフレーバーが主体ですが、ジャスミンやピーチのようなアロマやエチオピアらしいスパイシーさも感じられます。

カッピングプロファイル

ジャスミン、ピーチ、ブライトオレンジ、ハニー、シロッピーマウスフィール、ロングアフターテイスト

焙煎

浅煎り

テイスト

酸 ● 〇 〇 〇 〇 コク・ボディ

世界中で高い評価を得るイルガチェッフェという名産地

標高2500mに位置するイルガチェッフェ村

 シダモ・コーヒーエリアの南端から険しい道沿いに車を走らせますと、イルガチェッフェ村(標高2,500m)までの約35km間にコーヒーが大切に栽培されているのが目に映ります。肥沃な黒土に恵まれ、川と森と湖に囲まれた美しいイルガチェッフェ村のシンポルは、近在のアバヤ湖でエチオピアの人々が心から愛する湖の一つに数えられています。
エチオピアはナチュラル精製が主流ですが、イルガチェフェは伝統的な水洗処理、天日乾燥により仕上げられています。その中でも選りすぐられた トップグレードがイルガチェフェ・G1です。

イルガチェッフェの生産と風味

 この地域で生産が始まったのは1950年代と、コーヒーの生産文化からすると比較的新しいのですが、紅茶にも 似た特徴的なフレーバーとワインにも感じられるフル・ボディーのカップ評価から、このイルガチェフェ地区のコーヒーが‘YIRGACHEFE’の名で急速に取引されるようになりました。現在ではアメリカや北欧のスペシャルティコーヒー市場で人気を博している関係から、非常に手に入れ難いコーヒーの一つにもなっていますが、あえて生産エリアを広げることなく限られた生産エリアで栽培されています。川と森と湖に囲まれた美しいイルガチェフェ地区一杯のコーヒーカップから、心までも澄み渡るような逸品です。

コンガ農協クオリティ

コンガ農協では基本的にG-2グレードが作られ、ナチュラルG-1(G-3と表現する場合もあります)や今回のウォッシュドG-1はオーダーメイドで生産を依頼。例年通りコンガ農協は高品質でフルーティな印象のイルガチェッフェを生産する事で指名買いをしています。その裏付けは、ウォッシングステーションのマネージメントチームのレベルが高いこと、そして組合の農民との結びつきが強く品質に対する意思共有ができている事に起因しています。